歯が抜けてしまったらインプラント

虫歯や歯周病、アクシデントなどで歯が抜けてしまった時の治療法には、
部分入れ歯、ブリッジ、インプラントなどがあります。
部分入れ歯はこの中では治療費が安いですが、違和感があったり、ぐらつくことがあります。
ブリッジは抜けた歯の両隣の歯を削って支えにします。
健康な歯を削らないといけませんし、支えにする歯が無い場合は治療ができません。
インプラントはチタン製の人工歯根がしっかりとあごの骨に固定され、
単独で機能するので、ぐらついたり、ほかの歯を支えにすることはありません。
食べ物をしっかり噛んで楽しめるようになる、見た目も自然歯のようで美しいなどが利点です。
ですがインプラントをあごの骨に埋め込む外科手術が必要になります。
手術とは言っても麻酔が効いているので手術中は痛くはありません。 インプラント